スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大阪の街

どうも東大阪工場の東です。
僕は三重県の田舎の出身なので、大阪で見る物すべてが新鮮で街に出かけるとすごく楽しいです。

去年10月の話なんですが
天満橋を車で走っているとき、ふと横の川を見ると黄色い巨大な生物が・・・
すぐに友達に話したのですが「またあほなこといいやるんか」と
その時はものすごく悔しかったのです。

その友達にも見てもらおうと思ったのですが、11月になると消えていました。

そして12月また天満橋から横を見ると再びその生物が現れていたのです!!

今しかないと思いその友達を連れて見に行くことに。

すると友達はその生物を見て呆然。

僕は心のなかでガッツポーズを決めてやりました。

その時の写真がこれです。

091225_232131.jpg

帰りの車ではあひるかひよこかで討論しながら帰りました

次回予告
  僕の趣味・・・

2010-03-01 : ひとりごと : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
正解は『あひる』ちゃんらしいですv-521
でもなぜ、あひるなのか・・・mysterious・・・
あひるちゃんと勝手に決めたけど
あひるくんかもしれないし・・・
どんどんfamilyになっていくとかわいい~かもv-344

アヒルといえば『みにくいアヒルの子』をご存知ですか?

5羽の雛たちのなかで、一羽だけ体が大きく、毛の色も白く、みにくく生まれたアヒルの子。
黄色い毛のほかの兄弟たちからいじめられ、母親からも追い出され、草むらの小鳥たちにも相手にされない。
次に住みついたおばさんのところでも、ネコやニワトリにいじめられて、さまよい歩く。
そして、氷に閉ざされたつらい冬も過ぎて、やがて春が訪れたとき、みにくいアヒルの子は自分でも気がつかないうちに大空を飛ぶことができるようになっていた。
アヒルの子は、じつはりっぱな白鳥の子だったのです!
おしま~い♪

あなたは何を感じましたか?
童話ってほんと~に良いですね。
ではまた来週まで
サヨナラ サヨナラ サヨナラv-222


2010-03-01 20:12 : URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

(株)新高製作所

Author:(株)新高製作所
http://www.niitaka-ss.co.jp/

特注!!
建築装飾金物の設計・製造・施工
(株)新高製作所です!
手すり・パネル・庇・ルーバー・モニュメントなんかを
オーダーメイドで 作っています。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。